交通事故によるむちうちの治療、後遺症に悩まされている方へ  札幌スポーツ整骨院 スポさか   札幌市東区北7条東8丁目2-5

  • トップページ
  • 当院のご紹介
  • よくあるご質問
  • メニューと施術法
  • O脚プログラム
  • 出張治療の流れ
  • 交通事故治療

投球障害の予防と治療

受付時間

カレンダー

平 日 9:00~12:30、15:00~19:30まで
土曜日 9:00~14:00まで
休診日は日曜、祝日となります。

  • 院長のご紹介

  • 整骨について

  • はりきゅうについて

  • 治療器について

  • 保険外メニュー・料金

  • 出張治療を受けられる方

  • よくある症状

  • もしかしたらこんな症状かも、、、

  • 当院の特色

アクセス

地図

住所 札幌市東区北7条東8丁目2-5
・ブックオフ札幌光星店の隣り
・地下鉄東豊線 東区役所前4番出口
から徒歩10分
駐車場
当院前は全面共用駐車場となっておりますので、軽々駐車できます。お気軽にお車でご来院下さい。

中央バス停留所
・「北8条東7丁目」より徒歩1分
・「北6条東7丁目」より徒歩1分
・「サッポロビール園入口」より徒歩1分

ネット予約はこちら
ネット予約はこちら
当院の特徴 保険

第6回 投球障害の予防と治療

前回は足の使い方について説明しましたが、今回は股関節と体幹の運動について説明します。

股関節と体幹をしっかり使うことで下肢~上肢にかけての全身運動がしっかり行え、全身で球を投げる事で上肢への負担が軽減します。
写真①が上体が突っ込んで股関節、体幹が使えず手投げになりやすい状態です。(写真①)
治し方が両足を着けた状態で、右足~左足、股関節、体幹の重心の移動軸を意識します。反復練習すると体になじんできます。この時に股関節の動きと、体幹の捻りをしっかり意識して下さい。その状態が写真②です。 (写真②)
  • 手投げになりやすい状態
  • 股関節の動き
  • 体幹のひねり
  • 意識した状態
投球フォーム障害
  • 第2回
  • 第2回
  • 第3回
  • 第4回
  • 第5回
  • 第6回
  • 最終回
交通事故治療
Copyright © 2013-2016 Suposaka All Rights Reserved.
ページトップに戻る