交通事故によるむちうちの治療、後遺症に悩まされている方へ  札幌スポーツ整骨院 スポさか   札幌市東区北7条東8丁目2-5

  • トップページ
  • 当院のご紹介
  • よくあるご質問
  • メニューと施術法
  • O脚プログラム
  • 出張治療の流れ
  • 交通事故治療

投球障害の予防と治療

受付時間

カレンダー

平 日 9:00~12:30、15:00~19:30まで
土曜日 9:00~14:00まで
休診日は日曜、祝日となります。

  • 院長のご紹介

  • 整骨について

  • はりきゅうについて

  • 治療器について

  • 保険外メニュー・料金

  • 出張治療を受けられる方

  • よくある症状

  • もしかしたらこんな症状かも、、、

  • 当院の特色

アクセス

地図

住所 札幌市東区北7条東8丁目2-5
・ブックオフ札幌光星店の隣り
・地下鉄東豊線 東区役所前4番出口
から徒歩10分
駐車場
当院前は全面共用駐車場となっておりますので、軽々駐車できます。お気軽にお車でご来院下さい。

中央バス停留所
・「北8条東7丁目」より徒歩1分
・「北6条東7丁目」より徒歩1分
・「サッポロビール園入口」より徒歩1分

ネット予約はこちら
ネット予約はこちら
当院の特徴 保険

最終回 投球障害の予防と治療

前回まで下肢、体幹の動きについて説明しましたが今回は上肢について説明します。

肩肘を怪我する選手に多いのが肩甲骨面より肘が背中の方に入ってしまうのです。写真①がその図です。(写真①)
この状態を治すには背を壁に向け、肘が壁に当たらない様に練習し意識は胸の前で卵を割るイメージで肘を肩の高さまで持っていくようにします。写真②がその図です。

今回で最終回になりますが、怪我を予防するには違和感、痛みを感じた時点で無理せず病院を受診し、投球指導や理学療法を受けることが大切です。書ききれなかった事も沢山ありますが少しでも投球障害が無くなることを願います。
  • 肩甲骨面より肘が背中の方に入ってしまう
  • 肘を肩の高さまで持っていく
  • 胸の前で卵を割るイメージ
  • 肩肘を怪我する選手
投球フォーム障害
  • 第2回
  • 第2回
  • 第3回
  • 第4回
  • 第5回
  • 第6回
  • 最終回
交通事故治療
Copyright © 2013-2016 Suposaka All Rights Reserved.
ページトップに戻る