食事と健康について14|札幌市整骨院スポさか

交通事故によるむちうちの治療、後遺症に悩まされている方へ  札幌スポーツ整骨院 スポさか   札幌市東区北7条東8丁目2-5

  • トップページ
  • 当院のご紹介
  • よくあるご質問
  • メニューと施術法
  • O脚プログラム
  • 出張治療の流れ
  • 交通事故治療

スポさか便り

受付時間

カレンダー

平 日 9:00~12:30、15:00~19:30まで
土曜日 9:00~14:00まで
休診日は日曜、祝日となります。

  • 院長のご紹介

  • 整骨について

  • はりきゅうについて

  • 治療器について

  • 保険外メニュー・料金

  • 出張治療を受けられる方

  • よくある症状

  • もしかしたらこんな症状かも、、、

  • 当院の特色

アクセス

地図

住所 札幌市東区北7条東8丁目2-5
・ブックオフ札幌光星店の隣り
・地下鉄東豊線 東区役所前4番出口
から徒歩10分
駐車場
当院前は全面共用駐車場となっておりますので、軽々駐車できます。お気軽にお車でご来院下さい。

中央バス停留所
・「北8条東7丁目」より徒歩1分
・「北6条東7丁目」より徒歩1分
・「サッポロビール園入口」より徒歩1分

ネット予約はこちら
当院の特徴 保険

食事と健康について14

こんにちは。スポさかです。

 
気温差がまだまだ激しいですが、体調の方は

崩されていないでしょうか?

 

 
今回は「薄毛」についてです。

血行不良、加齢によって”見える”髪が減っている。

髪は太く成長する「成長期」、成長が止まる「退行期」、

抜けて新しい髪を作る準備をする「休止期」、

新しい髪が顔を出す「新生期」というヘアサイクルによって

生まれ変わっています。

 

 
一日50~100本の抜け毛は自然な生理現象ですが、

血行が悪くなると毛根に栄養が行き渡らずに髪を作り出す

毛母細胞の分裂が遅くなります。

また、年齢とともに成長期の成長速度が遅くなって

休止期が長くなります。

目に見える成長期の髪の割合が減って目に見えない休止期の髪が

増えるため、抜け毛が増え、髪の本数が減少します。

そして、一本一本も細くなって薄く感じられるのです。

摂りたい栄養素は、

 

 

 

ヨウ素・・・・毛母細胞の新陳代謝をアップ
甲状腺ホルモンの材料。甲状腺ホルモンは細胞の
新陳代謝を促進し、髪の成長にも関わっています。
摂りすぎると甲状腺機能が低下することもあるので、
もずく100g、焼きのり2枚を目安に。
(昆布、ひじき、わかめ、のり、タラ、シシャモ、ウナギ、タラコ)
亜鉛・・・・髪を作る毛母細胞を活性化
新しい細胞を作るために必要な酵素の成分として
働いています。新陳代謝を活発にして、細胞を
分裂・再生しています。抜けて生え変わる
髪の成長には欠かせないミネラルです。
(牛肉、豚赤身肉、豚レバー、タコ、カキ、カニ、豆類・大豆製品)

 

 

ビタミンE・・頭皮の血行を促進
老化や生活習慣病の原因となる「活性酸素」から守る
抗酸化作用があることから若返りビタミンとも。
末梢の血管を広げて血行を促進して、毛根に栄養を
届け、健やかな髪を育みます。
(サーモン、タラコ、ウナギ、大豆製品、かぼちゃ、パプリカ)

 

 

改善レシピとしてオススメは、
「牛肉とがんもの煮物」
牛肉はたんぱく質と亜鉛が豊富な食材!脇役になってしまいがちな
がんもどきですが、ビタミンEの補給に役立ちます。
煮物のレシピとしていかがでしょうか?

 

7f015b29ca6d3e8561e

« »

<<便り一覧

Copyright © 2016 Suposaka All Rights Reserved.
ページトップに戻る